ブランクのある看護師の再就職は難しいの?

 

ブランクのある看護師の再就職に関して詳しく説明している画像

 

看護師の方が結婚や出産などで一度退職をされて、子育てが一段落ついた時に再就職をしたいと思っても、空白期間が長いので復帰出来るのかどうかが気になるところですよね。

 

5年10年とブランクがあれば復帰する時に仕事の感覚も戻ってくるのか不安になります。

 

本当にブランクの長い看護師が再就職できるのでしょうか?

 

 

1.ブランクある看護師が不安なく再就職をする4つのポイント

 

1-1.研修や勉強がしやすい病院を選ぶ

 

 

ブランクがある看護師は研修制度がしっかりとした病院を選ぶのが一番おすすめです。

 

医療の技術の進歩はかなりのスピードがあるのでブランクが2年あればまた1からやり直しといわれる世界です。また、ブランクが無くても今までと違う科への転職をするときには今までの知識が使えない場合も多いので一からやり直す、知識を付ける作業はどうしても必要になってきます。

 

そのため、ブランクがある場合には勉強や研修がしっかりとできる病院を選ぶべきです!

 

看護師の人数が足りない病院に行ってしまえば日々の業務の忙しさで先輩看護師から教えてもらうのもままならず、常に不安を抱えたまま日々の業務をしなければいけないことになります。

 

それに、そのような状態で仕事をしていけば医療事故にもつながります。

 

そのため、ブランクのある看護師が復職を考える前に事前に、

 

・復職先の看護師の人数の状況はどうなのか?
・復職先の病院で研修や勉強などの教育がしっかりとしているのか?
・忙しすぎて教育に手が回っていないのか?

 

などを再就職を決めてしまう前にチェックしておくことがブランクから復帰する看護師にとって、復職先の病院で失敗しない看護生活を送るためにもとても重要なポイントになります。

 

 

 

1-2.子供がいる場合には託児所がある病院を選ぶ

 

 

子供がいる場合には託児所がある病院を選ぶに関して詳しく説明している画像

 

子供がいる場合には託児所などの子供を預かってくれる病院を選びましょう。

 

将来看護師として復職して再就職して働きたいけど、自分の人生設計をしてみた時に、やはり女性であれば結婚、妊娠、出産と経験したのち、看護師として復職するためには託児所がないとなかなか復職ができないと考えて看護師になることを躊躇してしまう。という人はいると思います。

 

しかし、今は福利厚生の一環として子供を預かる病院が増えてきています!

 

大きな病院では看護師をはじめとした医療従事者の子供たちを預かることができる託児所を院内に併設している病院は多くなっています。特に24時間体制で運営をしている病棟を持っている病院などでは、24時間対応できる託児施設を併設している場合が多く、出産後、育児休暇を終えたのちにも看護師として働くことが比較的容易になっている場合が多いようです。

 

また、個人病院などでも提携している託児所や託児施設で子供を預かってもらえることが多いようです。自分が働いている病院内に託児所が併設されていれば、安心して仕事をすることもできますよね。

 

また、院内託児所はしっかりと安全対策も考えられていることが多いため、安心して預けることができるという点もあるようです。中には小学校に通っている子供のための学童保育を実施している病院もあるようです。

 

ママさんナースが復職しやすい環境もできつつあるので希望に沿った病院を選ぶといいでしょう!

 

 

 

1-3.再就職は病院だけではない

 

 

再就職は病院だけではないに関して詳しく説明している画像

 

看護師の復職先は最先端の病院だけではありません。

 

看護師の資格は一生ものですから、たとえ結婚や出産で一時職を退いたとしても、再び復帰することは可能です。子どもが三人いてブランクも十年というと、とてもじゃないけれど復職の敷居は高すぎる、なんて感じてしまうかもしれませんが、心配することはありません。

 

看護師の需要は看護師不足の影響や少子高齢化の影響でますます増しています。そのため、ブランクのある看護師の復職先は最先端をいく病院だけではなく転職先さえきちんと選べば、向こうからも歓迎されますし、自分も家庭生活と両立することが出来ます。

 

たとえば、特別養護老人ホームやグループホームといった施設はおすすめです!

 

特別養護老人ホームやグループホームといった施設の仕事には、看護師の資格や知識がとても役に立つのですが、仕事内容はどちらかというと健康管理に傾いているので、ブランク明けで技術不足で不安と感じている人でも安心でしょう。

 

また、このような施設では介護士のような介護が多く、医療行為というのをほとんどする機会がないので、ブランク明けで最新の医療技術を覚える必要はないので安心して復職できる大きなメリットがあります。

 

 

 

1-4.ブランクの看護師も就職先には困らない

 

 

ブランクの看護師も就職先には困らないに関して詳しく説明している画像

 

看護師はかなり不足しているのでブランク明けでも就職先に困ることはありません。

 

実際、求人などをみていても、ブランクある方OKといったような募集もよくみかけます。

 

ブランクがあったとしても、職場での経験がある看護師を病院側としても欲しいので、ニーズはたくさんあると思って大丈夫です。むしろ、出産と子育ての経験を活かしてさらに向上心のある看護師として復帰出来るので、自信を持って復帰されて良いかと思います。

 

そのような経験がある看護師さんが増えていけば、今後同じ状況になった看護師さんにも優しく接することができるようになってさらに、ブランクのある看護師さんが就職しやすい環境になるので、看護師が転職しやすい病院という良いイメージがつく可能性もあるので、自分の状況でもしっかりと受け入れてくれる病院を見つけたら就職してみるのも良いと思います。

 

そのため、ブランクのある看護師が復職を希望する場合には、

 

・日勤で働きたいのか?夜勤をやっても大丈夫なのか?
・家族や子供のことを優先して仕事をしたいのか?
・最新の医療についていく自信がないから医療行為の少ない所を選ぶのか?

 

など、ブランク明けで自分の中でどのようなことに対して優先順位を付けて復職していきたいのかをしっかりと考えることで、今後の看護師生活もすごく充実したものになるのでまずは自分は今後どうしたいのかを考えて復職先を探しましょう。

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

看護師高収入求人に関する画像

 看護師が高収入求人を見つけるための3つのポイント

 

看護師が高収入の求人を見つける方法は実は1つしかありません。看護師が条件の良い高収入の求人を見つけるための方法をご紹介します。