治験コーディネーター(CRC)の求人・給料・仕事内容を知っておく

 

治験コーディネーター(CRC)の仕事に関して詳しく説明している画像

 

1.治験コーディネーター(CRC)の求人、給料・年収事情

 

1-1.治験コーディネーター(CRC)の求人はどうなの?

 

 

CRCは看護師の転職先として人気になっています。

 

CRCは病院で働く以外の職場として候補の一つとして人気があり、

 

・夜勤がない仕事
・日勤の看護師より年収が高い
・休みが多く取れる

 

など、看護師時代に休みがなかなか取れない経験から、病院での看護師としての仕事を辞めて看護師としての資格を生かせるCRCを目指す看護師は実際には多いんです。

 

治験コーディネーターは看護師の新たな職場として注目されています!

 

 

1-2.治験コーディネーター(CRC)の給料は悪くない

 

 

治験コーディネーター(CRC)の給料や年収は悪くありません。

 

治験コーディネーター(CRC)に興味がある人にとって給料は気になるところですが、実際には経験により大きな差があります。治験コーディネーターとして経験を積んでいけば株式会社が運営しているので昇給は期待できます。

 

経験によっても年収は大きく変わってきてしまうのですが、平均すると400万〜700万くらいです。株式会社の募集がほとんどなので夜勤ないにも関わらず日勤の看護師より給料は高めです。

 

常勤看護師と治験コーディネーター(CRC)の年収を比較してみると、

 

常勤看護師と治験コーディネーター(CRC)の年収を比較に関して詳しく説明している画像

 

CRCは経験者になると中には1000万くらいの年収がある人もいます!

 

 

1-3.治験コーディネーターの給料はスキルによって変わる

 

 

CRCは経験者が優遇され待遇も良くなる職種です。

 

スキルが上がれば治験コーディネーター(CRC)の場合、かなりの昇給が期待できるわけです。そもそも、経験が優遇される職種で、年収には大きな幅があるので、一概に給料が良いとは言えません。ただ、元々給料は低くないので、長く勤務すれば高い給料が反映されるでしょう。

 

治験コーディネーターの給料が一般に良いと言われているのは、アルバイトやパートの時給が良いからです。都内でなら時給は2,500円と言われており、時給が良いので治験コーディネーターの給料はどうしても良いという印象が強くなるのです。

 

CRCは経験者の方が給料や待遇が良くなっていくイメージです!

 

 

2.CRCの仕事内容とメリット・デメリット

 

治験コーディネーター(CRC)とは仕事内容とメリット・デメリットに関して詳しく説明している画像

 

2-1.治験コーディネーターとは?

 

 

治験コーディネーターはCRC、Clinical Research Coordinatorとも呼ばれており治験における業務の中で直接治験に参加している人々と対面し内容の説明および治験に対する不安や心理的な負担を減らすための相談役としてサポートやケアといった業務として行う人達のことです。

 

治験コーディネーターとして活躍するには特に資格を必要とはしません!

 

 

2-2.治験コーディネーター(CRC)の具体的な仕事

 

 

治験コーディネーター(CRC)の具体的な仕事内容として、

 

@ 治験内容の説明

 

治験を受ける患者といった被験者に対しインフォームド・コンセントにおけるサポートとしてその治験の内容を説明します。やはり、まだ承認されていない薬を被験者に試してもらうのでどのような効果があり、どのような副作用ができる可能性があるといった治験に関しての説明は治験コーディネーター(CRC)の仕事の中でも重要な仕事です。

 

 

A 精神的なサポートケア

 

治験内容に対し不安要素などの心理的な負担を軽減するための相談相手といったケアをすることも重要な仕事です。被験者は事前に治験の内容を確認して応募してきてはいますが、実際に治験を行う前になると不安を抱えてしまうことも実際には良くあるので、その相談相手になって危険性や安全性を伝えるなどスムーズに治験が運ぶように精神的なサポートを行います。

 

 

B スケジュール調整

 

治験の期間中に被験者をフォローするのも治験コーディネーターの役目でスケジュール表や資料といった文書の制作も担当します。さらに、治験には製薬会社や医療機関な検査のために色々な人が関わってきますのでそのスケジュール調整などをするのも治験コーディネーター(CRC)の重要な仕事になります。

 

 

2-3.治験コーディネーター(CRC)のメリット

 

 

CRCには病院時代の看護師にはないメリットがあります。

 

治験コーディネーター(CRC)は治験を行う一般企業に勤めるので、

 

・夜勤がなく日勤の仕事
・基本的に土日休み
・未経験でもできる

 

治験コーディネーター(CRC)は一般企業なので病院での看護師時代に比べて土日もしっかりと休みが取れますし、夜勤ではなく日勤での仕事にも関わらず給料も常勤に多少劣る位なので看護師の新しい転職先として人気になっています。

 

 

2-4.治験コーディネーター(CRC)のデメリット

 

 

CRCにも良いことばかりではなくデメリットももちろんあります。

 

治験コーディネーター(CRC)は看護師としての役割とは違うので、

 

・看護師としてもキャリアが活きない
・看護師としてのスキルが落ちる
・給料が多少下がる

 

治験コーディネーター(CRC)は治験を行う際のサポート役というのが看護師の主な仕事内容になり看護師が医療行為を行うとういうことはないので、看護師としてのスキルはかなり落ちてしまうので病院へ戻るときにはまた勉強しなおす位になってしまうのは覚悟しておく必要があります。

 

 

2-5.治験コーディネーター(CRC)は外勤がほとんど

 

 

基本的に、『CRCは治験を実施する医療機関の外部支援機関であるSMOに所属し、そこからいろいろな病院へ行くため外勤がほとんど』です。SMOはそれぞれの地域ごとに拠点を持っているため、その地域内を担当し、外勤を行います。他の地域はその地域を担当しているSMOが、対応するため、転勤のように遠くへ行くことはあまりありません。

 

しかし、たまに転勤があるので全く転職の心配がないわけではなりません!

 

どうしても転勤をしたくないという人は、就職先を探す際に転勤NGの条件で絞り込むとよいでしょう。また、転勤NGの条件が見つからなくても、転職サイトを上手に活用すれば、そこの担当者が転勤に関しての条件を交渉してくれることもあります。

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

看護師高収入求人に関する画像

 看護師が高収入求人を見つけるための3つのポイント

 

看護師が高収入の求人を見つける方法は実は1つしかありません。看護師が条件の良い高収入の求人を見つけるための方法をご紹介します。