助産師になって活躍する

 

助産師になって活躍に関して詳しく説明している画像

 

1.助産師の仕事内容や向いている性格

 

1-1.助産師の仕事内容は多岐にわたっている

 

 

助産師になって活躍する場面は沢山あります。

 

助産師というと出産の場面で活躍をする女性というイメージがあるかと思いますが、
実際に助産師の活躍する場面というのは出産というシーンだけではありません。

 

病院や診療所など産婦人科で働く助産師は、妊娠した女性の生活指導をはじめ、
妊娠に関する悩みや疑問などの相談に乗るという役割も担っています。

 

出産後病院を退院した後にも、母乳指導や乳児指導などを行うのも実は助産師の仕事になっています。

 

助産院を開院して活躍している助産師も多くなってきています。

 

このように出産にかかわるだけではなく、実はその他にも助産師が活躍している場面はあります。

 

 

 

1-2.助産師の活躍の場は広い

 

 

助産師はお産の時だけではなく活躍の場は思っている以上に広いんです。

 

特に地方自治体では、

 

・新生児訪問などで助産師が新生児が生まれた家庭に訪問
・退院後に自宅に帰った産婦へのアドバイスを行うといった活動をしている
・保険センターなどで乳幼健診に携わる仕事

 

を行っている助産師もあります。

 

保育園や幼稚園、小学校などに産前教育といって命が生まれるということ
を教える活動をしているという助産師もたくさんいます。

 

このように、助産師の活躍の場は広く必要とされる資格なんです!

 

 

 

2.助産師に向いている人、性格

 

助産師に向いている人、性格に関して詳しく説明している画像

 

2-1.助産師は看護師とは違った意識が必要

 

 

助産師さんの仕事は、産婦人科医がなかったときからの特殊な職業として確立してきています。
今では近い仕事としては、看護師さんや産婦人科の医師があります。

 

でも、助産師さんとしては、これから生まれてくる赤ちゃんを宿している妊婦さんの
面倒を見ていくのが助産師の仕事を担っているのが特徴です。

 

看護師さんの病気の人相手とは違った役割を担っているのです。

 

妊婦さんが相手ということは、

 

・相手の出産や産後についての心理的なケア
・注意すべきポイントを的確に伝えたり
・相談にものってあげてアドバイスを求められます

 

ですからこれから助産師さんを目指して行こうとする方は、
ご自分が助産師さんになるのに向いているのかも知って行かなければなりません。

 

 

 

2-2.助産師に必要な適性

 

 

助産師にとって必要になってくる適性は看護師とは少し変わります。

 

助産師に必要な適正は何かと考えると、

 

@ 妊婦さん相手の心配り

 

相手への気づきともいうべきですが、妊婦さんへの心配りをしながら、悩みなどに対しては、どうして行けばよいかのアドバイスをしてあげる優しさが求められます。妊婦さんは子供を生まれる喜びというのも感じますがその後どうしたらいいのかわからないという不安を抱えている方がほとんどなので今後の指導など妊婦さんの道しるべになる役割も重要です。

 

 

A 新しい命が生まれることの喜びを感じる

 

また新しい生命の誕生に立ち会うのですから、赤ちゃんを取り上げる喜びを一緒に分かち合いたいという気持ちが大切です。助産師になった看護師の多くは実際に自分が出産を経験して赤ちゃんを取り上げる幸せや経験を通じて妊婦さんの役に立ちたいと感じて助産師を目指す看護師は非常に多いんです。

 

このような適性があると感じている方は助産師にとても向いている性格かもしれません!

 

 

 

3.現代は助産師不足!その原因とは?

 

現代は助産師不足!その原因とは?に関して詳しく説明している画像

 

3-1.助産師の育成のために環境が不足している

 

 

現代は助産師不足と言われていますが、その原因はどこにあるのでしょう。

 

近年、助産師不足は深刻な問題となっていますが、
その原因は、そもそも助産師を増加させようという環境がないことにあります。

 

助産師になるための学校が少ないのが1つで、
試験を受けるまでに勉強するための機関が非常に少ない現状があります。

 

看護師の資格があれば、助産師養成学校で1年間勉強するだけで受験できるわけですが、

 

・養成学校は極めて数が少なく
・定員も限られている
・勉強したくてもできない環境

 

このようになかなか助産師になるための環境が整っていないんですね!

 

 

 

3-2.助産師になるためのリスクが増えてきている

 

 

助産師になった後にリスクが増してきている資格でもあります。

 

助産師不足の原因は、すぐに辞めてしまう人が多いのもその要因の一つで、労働条件が悪いからです。助産師は働く環境が過酷で夜勤も多く、助産以外の雑務もこなさないといけません。病院の産科に勤務する場合は、医師が助産するので、看護師と同じ仕事をしなければならなくなります。

 

『出産に関係する訴訟を起こす人が増えてきたのも影響していて、リスク回避のために産院を廃業したり、産科をなくす病院が増えていて』、そうなると助産師を目指そうとするモチベーションも下がります。

 

リスクが上がればその分助産師のなり手は少なくなってしまいますね!

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

看護師高収入求人に関する画像

 看護師が高収入求人を見つけるための3つのポイント

 

看護師が好条件の求人を見つけるための方法は実はハローワークにはありません。好条件・高収入の求人を見つけるために大事なポイントを紹介しています。

 

 

助産師になって活躍する記事一覧

1.助産師と看護師の3つの違い1-1.助産師と看護師の資格の違い助産師と看護師の違いは根本的に資格が違います。まず、資格ですが看護師の場合には看護師資格を取得すれば看護師として働くことができますよね。助産師の場合には、看護師資格だけでなく、資格取得後学校に通い助産師資格を取得することも必要になります。助産師の資格取得は看護師資格が前提になります!看護師と助産師の資格取得までに過程を見てみると、資格...