認定、専門看護師の求人!給料やその仕事内容

 

認定、専門看護師の求人!給料やその仕事内容に関して詳しく説明している画像

 

1.認定看護師の年収・給料、求人や仕事内容

 

1-1.認定看護師の年収・給料事情

 

 

実は、認定看護師の年収・給料は常勤看護師とあまり変わりがありません。

 

認定看護師の資格取得には色々な条件があり、突破すべき問題は多いのですが、
認定看護師の年収や給料に反映されてはいないんですね。

 

多少の手当てが付くので若干高くなる程度なんです。

 

認定看護師と常勤看護師の年収の比較すると、

 

 

認定看護師の年収・給料に関して詳しく説明している画像

 

 

認定看護師はその専門性から病院側では助かるかなり重要な存在なのですが、
月に数万円の手当て程度しか出ないところがほとんどのようなんです。

 

しかし、認定を受けた分野の病院では待遇が良くなる傾向があるようです!

 

 

1-2.認定看護師の求人状況

 

 

認定看護師の専門性は病院で期待されています。

 

認定看護師の資格は働きながら取れる資格ではないので、
退職するか、休職をしながら学校に通わないと取得できません。

 

転職する病院や休職している病院に認定されている分野の科がなければ、
資格取得の意味がありませんし、手当てもほとんどありません。

 

そのため、認定された分野の科のある病院へ転職する方があなたの力を発揮できます!

 

認定された分野のある科の病院では、

 

・一般の病院より手当てが多く年収が高くなる
・専門分野を生かして活躍ができる

 

しかし、資格を取得しながら希望の科の病院を探すのはなかなか難しく、ハローワークなどの求人に簡単に出てくるような求人ではありません。そのため、看護師の転職サイトでは認定看護師のような特殊な資格を希望している病院を探せるので非常におすすめです。

 

その際に、給料・仕事の内容などしっかりと相談して自分の希望の病院を探してもらうことができるので、認定看護師の資格取得と看護師勤務で忙しいときでも希望を伝えるだけ求人を見つけてきてくれるののでおすすめのサービスです。

 

 

1-3.認定看護師の仕事内容

 

 

認定看護師とは、日本看護協会が認める資格のひとつです。

 

『特定の看護分野で高い水準の看護技術と知識を兼ね備えている看護のエキスパート』、というのが認定看護師です。医療現場では通常の看護師のリーダー的存在になり、日毎に高度化していく医療や看護を率先して行うことも求められます。

 

医師不足や看護師不足の状況が改善されない現在、認定看護師のように特定領域で高度な医療や看護を行える存在は貴重とされています!

 

特定領域、つまり認定看護分野は現在、21分野があります。

 

具体的には、

1

救急看護

2

皮膚・排泄ケア

3

集中ケア

4

緩和ケア

5

がん性疼痛看護

6

がん化学療法看護

7

感染管理

8

訪問看護

9

糖尿病看護

10

不妊症看護

11

新生児集中ケア

12

透析看護

13

手術看護

14

乳がん看護

15

摂食・嚥下障害看護

16

小児救急看護

17

認知症看護

18

脳卒中リハビリテーション看護

19

がん放射線療法看護

20

慢性呼吸器疾患看護

21

慢性心不全看護  

 

そんな認定看護師の役割は看護だけに留まりません。医療現場で働く看護師たちに対し、看護実践の指導を行うこと、看護ケアなどについて相談に乗ることなども重要な役割です。

 

認定看護師とはつまり、医療現場がより高度な水準で保たれるための、支えとしても期待されているのです。このような役割を知ると、認定看護師になるにはとてつもない努力がいるように感じるでしょう。

 

しかし、看護師であれば誰でも認定看護師になれます!

 

具体的には、

 

@ 看護師としての実務経験5年間
A 認定看護師教育課程6か月
B 認定看護師試験合格

 

これを突破することで晴れて認定看護師の資格が取得できます。

 

看護師として働いている時間、さらに認定看護師の資格認定制度などの条件を満たせば看護のエキスパートとして認められるのです。

 

 

2.専門看護師のの年収・給料、求人や仕事内容

 

2-1.専門看護師の年収・給料事情

 

 

専門看護師の年収・給料も常勤看護師とあまり変わりがありません。

 

専門看護師は取得まで色々な条件があり資格取得は簡単ではありませんが、
その専門性もほとんど年収・給料に反映されていません。

 

専門看護師と常勤看護師の年収の比較すると、

 

 

専門看護師の年収・給料に関して詳しく説明している画像

 

 

専門看護師は病院やその専門の科がある病院では重宝され給料も上がりますが、
それ以外の病院では手当てはほとんどつかないことが多いようです。

 

 

2-2.専門看護師の求人状況

 

 

専門看護師は高度な知識を有しているため欲しい病院は多くあります。

 

専門看護師の資格を取得したら、自分のその資格の役割が発揮できる
分野のある病院の認定看護師の求人を見つけることになります。

 

働きながら取った場合に勤務している病院に取得した専門分野の科がなければ、
苦労した取った意味がないですし、手当てもほとんど出ません。

 

そのため、あなたの専門の科のある病院なら高収入も期待できます!

 

あなたの専門がない病院に勤務してしまうと、

 

・手当てがほとんどつかない
・一般の看護師と同じ仕事をする

 

など、せっかく取得した専門知識を生かすことができなくなるんですね。

 

しかし、専門看護師の仕事は雑誌やハローワークでの求人が多いわけではなく、求人自体がないことも実際には良くあります。そのため、専門看護師の求人も多く扱っている転職サイトを利用するのが専門看護師の転職や就職には一番便利で使い勝手がいいでしょう。

 

 

2-3.専門看護師の仕事内容

 

 

専門看護師とは、特定の看護分野において優れた看護実施が可能な能力を備えた看護師の事を指します。

 

専門看護師の分野は11分野に特定されています。

 

具体的には、

 

1

がん看護

2

精神看護

3

地域看護

4

老人看護

5

小児看護

6

母性看護

7

慢性疾患看護

8

急性・重症患者看護

9

感染症看護

10

家族支援

11

在宅看護  

 

 

専門看護師は『実践・相談・教育・調整・研究・倫理といった6つの役割を担う存在』であり、患者に対する看護だけでなく看護に関係した幅の広い活躍が求められるわけです。

 

そんな専門看護師の資格を取得するためには、

 

1 看護系大学の中でも大学院修士課程で日本看護師系大学協議会の認可を受けている専門の教育課程を修了
2 実務研修が通算5年以上あり、うち3年間以上は専門看護分野の実務研修であること
3 専門看護師の認定試験

 

さらに資格取得後は、5年ごとに研究の業績や所定の書類を提出し更新をする必要があり、高いモチベーションを維持し続けなければなりません。

 

専門的な看護の能力があるため、看護を受ける側や関わっている家族にとっても非常に心強い存在となってくれるでしょう。患者さんやその家族が、より質の高い看護を受けられるそんな知識と技術を兼ね備えた看護師だという事ができるでしょう。よりよい看護の実施と普及にはなくてはならない存在だと言えそうですね。

 

 

3.認定、専門看護師の違いや給料の比較

 

3-1.認定看護師や専門看護師との違い

 

 

認定看護師と専門看護師には目的や求められる能力は違います。

 

認定看護師の21に分かれている専門分野は、患者さんと直接接する臨床に近い分野が多くなっています。

 

専門看護師は『実践・相談・教育・調整・研究・倫理といった6つの役割を担う存在』であり、その分野も臨床としての技術はもちろんのこと患者さんだけでなく、他の看護師に対して指示や管理する役割というものを持っています。

 

認定看護師・専門看護師ともに5年ごとの更新制で書類の審査があるため日ごろの勉強は欠かせない資格になります。

 

 

3-2.認定・専門看護師の給料の比較

 

 

認定・専門看護師の給料の比較に関して詳しく説明している画像

 

 

このようにみると、認定看護師や専門看護師の資格を取ったからと言って、
年収・給料が大幅に上がるということはないようです。

 

しかし、認定看護師や専門看護師は自分の専門の分野のある
病院に転職ができれば+30万円〜60万円の上乗せは可能です。

 

そのため、認定・専門看護師の給料は病院しだいということになりますね。

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

看護師高収入求人に関する画像

 看護師が高収入求人を見つけるための3つのポイント

 

看護師が高収入の求人を見つける方法は実は1つしかありません。看護師が条件の良い高収入の求人を見つけるための方法をご紹介します。