看護師の転職事情とは?

 

看護師の転職事情に関して詳しく説明している画像

 

1.看護師の転職市場はどのような状態?

 

1-1.看護師は転職がしやすい環境が整っている

 

 

看護師は需要の多い職種なので転職のしやすく多い職業です。

 

仕事の大変さもあるのでしょうが、人材が不足しています。高齢化社会の進行とともに、供給は追いつかず、さらに人手は不足しています。新卒にしても転職にしても、売り手市場が続いています。

 

特に介護医療施設なども増加傾向にあり、看護師としての働く場は増えています!

 

少子高齢化の影響で高齢者の人数は増えており今後も確実に人数は増えていきますので介護分野は拡大しており、今後も看護師の需要の増加が見込まれます。看護師としての職場が病院一辺倒だったのが、介護施設やクリニックへと広がり、多岐に渡るようになってきました。

 

 

 

1-2.看護師の待遇も自分で選択できる時代

 

 

看護師としての活躍の場が広がることにより問題になるのが待遇の問題です。

 

医療機関や業態によって大きく違ってきています。それまでの診療科目勤務経験や大きな病院での勤務経験などのキャリア形成が重要です。そのキャリアによって、処遇は違ってきます。ただ、処遇に違いがあっても、介護施設やクリニックというように裾野が広がったことにより、自分自身の働き方に合った勤務時間や勤務形態の職場を選択することがでるようになったと言えます。

 

看護師の待遇も不足の影響からだんだん良くなってきています!

 

以前までは激務の割に看護師の収入というのはなかなか上がりにくかったのですが、今ではその病院で長く務めることで給料も上がっていきますし、看護師転職サイトの登場で転職によっても給料をUP、条件の良い求人先を見つけやすい環境づくりがしっかりとされてきています。

 

 

 

2.看護師が転職を考える時期、その方法

 

看護師が転職を考える時期、その方法に関して詳しく説明している画像

 

2-1.看護師の5年目は転職をする看護師が増えてきます

 

 

看護師の転職は、5年目くらいが一番、採用されやすいと言われています。

 

なぜなら、5年目になると、ある程度、看護師としての地盤ができているからです!

 

採用側からすると、『長く働いてくれそうな感じがして、協調性もあると判断しやすいのが、5年目看護師の特徴』なのです。5年目は、リーダーもできるという立場でもあるので、今後の活躍を期待されやすいのです。5年看護師として働けば、一通りは出来ると見なされ、たいていのスキルはあり、医師との連携もスムーズにできると判断されます。

 

人間関係にも慣れ、働き慣れた職場でバリバリ仕事をこなしているという印象があるのが5年目なのです。そのため、転職を考えている人は、5年目が狙い目です。

 

 

 

2-2.転職には志望動機が本当に重要

 

 

5年目看護師で、志望動機がしっかりしていれば、より採用されやすくなります。

 

職場を選んだ理由がしっかりしている人は、印象が非常に良いものです。志望動機がきちんと伝えられれば、採用の確率は高まることでしょう。色んな面でバランスが良いのが5年目看護師の特徴なので、転職にはよいタイミングと言えるでしょう。

 

また、5年目の看護師といえば自分の仕事にもかなり慣れてきており、

 

・今後の看護師としての仕事ととしてスキルアップをしていくのか?
・今の仕事を突き詰めてやっていくのか?
・プライベートなどの私生活を重視していくのか?

 

を考えるにはベストな時期になってくるのでそのあたりも考えて転職をするときの目安にしておきましょう。

 

今後の自分のライフプランを考えるためにも志望動機を真剣に考えことをおすすめします!

 

 

 

2-3.初めての就職にも志望動機は重要

 

 

看護師の志望動機は、非常に重要で、それが採用の成否を決めるポイントになります。

 

なぜ看護師になりたいのか、看護師になってどのような仕事がしたいのか、という志望動機は、自分なりにビジョンをしっかり描いておかなくてはなりません。

 

看護師の志望動機は様々で、中には、母親が看護師で、その姿を見て育って、看護師の仕事をしたいというものがあります。また、家族の看病をしたことがきっかけになり、看護する仕事にやりがいを感じるようになったという志望動機もよくあります。あるいは、自分が入院した際、看護師から勇気付けられ、自分も是非、人を勇気付けたいと思って、看護師になろうとする人も少なくありません。

 

看護師の志望動機は、このように様々ですが、『いずれも看護師の仕事の素晴らしさに触発されて、憧れを持って看護師の仕事に就こうとするパターンが非常に多い』です。

 

履歴書に看護師の志望動機を記載する時は、経験年数や経歴、応募先の医療機関や企業によって書き方が違ってくるので注意しなければなりません。採用担当者が最も重視しているのが志望動機で、きちんと書かれていないと、採用担当者に熱意を伝えることができません。

 

 

 

2-4.看護師は面接までの工夫が転職を成功させる

 

 

看護師の履歴書、面接の対策も重要になってきます。

 

良い条件の勤務先を探したいと願うのは誰でも同じで、良い条件の求人は多くの看護師が集まってくる傾向にあるので、良い条件の病院やクリニックへの転職をつかむには履歴書やエントリーシート、面接対策が重要になります。

 

面接で印象を残すためにも履歴書やエントリーシートはしっかり書くようにしましょう!

 

実務経験や資格をサラリと並べ書くのではなく、そこから学んだことや次に活かしたいこと、働く中での経験談、自分の強みなどもいいかもしれません。知識はもちろん、コミュニケーション能力や協調性、判断力も重視されるお仕事です。そういった長所が伝わるようなエピソードがあると良い印象が残せるかと思います。他にも新しい職場での目標や意気込み、スキルアップしたい分野についてなどがあったらしっかり書いておきたいですね。

 

 

2-5.看護師の転職は探す方法も大事

 

 

看護師の転職は探す方法も大事なんです。

 

特に、志望動機や履歴書、面接の対策など自分でできるという方は自分で出来るに越したことはないのですが、志望動機や履歴書をどう書いたらいいのかわからない、聞きたいことが聞けないので誰かに同行してもらいたいと考えている看護師の方も実際にはいます。

 

そのような方は看護師の転職サイトをうまく活用したらいいでしょう!

 

看護師の転職サイトではあなたの希望する条件の求人探しから志望動機や履歴書の書き方、面接の指導、看護師の希望によっては面接への同行もしてくれるなど転職が初めてで不安な方にとってはうれしいサービスがついているので不安な看護師は登録してみて活用してみるのがいいでしょう。

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

看護師高収入求人に関する画像

 看護師が高収入求人を見つけるための3つのポイント

 

看護師が転職をするときには条件の良い求人を見つけるのがなかなか難しいです。そこで、高収入や好条件の求人を見つけるためのポイントをご紹介します。

 

 

 

看護師の転職事情とは?記事一覧

1.准看護師の資格や仕事内容1-1.准看護師の資格を取得するためには?准看護師とは、都道府県知事が交付する免許です。准看護師になるには、中学卒業後、高校の看護科に入学するか、2年間の准看護師学校に入学します。准看護師学校は社会人の方でも入学できるようになっているところが多く、働きながら入学することが出来ます。色々な奨学金制度も整っていて、主な制度に都道府県・区市町村の看護師等奨学資金、看護専門学校...

1.男性看護師の求人、将来性は?1-1.男性看護師と女性看護師の求人の違い男性看護師と女性看護師の求人には少し差があります。男性看護師の求人として産婦人科や婦人科での求人はほぼないに等しいです!女性のデリケートな問題なので男性の看護師だけではなく男性の医者も嫌ということから病院を選んでいる患者さんもいるので男性の看護師を積極的に採用する産婦人科や婦人科の病院はほとんどないんですね。それから、女性患...

1.看護方式の特徴やそのメリット・デメリット1-1.看護方式とは看護師の仕事での入院患者に対して病棟看護師として24時間体制で看護を行う必要があります。看護師の仕事は多岐にわたっているので、看護師1人だけで入院患者さんの看護をしっかりとやることはできませんし、1人だけで対応してしまうと見落としなどのミスを行ってしまう可能性は否定できません。そのため、患者さんに対してしっかりとした看護や人数不足によ...

1.看護師の勤務体制病院での看護師の仕事の効率などを考えて看護師の勤務体制の見直しを考えている病院も数多く出てきました。看護師の勤務体制とその問題点はどのようなところにあるのでしょうか?1-1.3交代制看護師は夜勤があるため看護師の勤務体制は3交代制と2交代制があり、3交代制の場合には日勤、準夜勤、深夜勤があり1日を8時間ごとに割って働いていると考えになります。・日勤は8:30〜17:00・準夜勤...

1.病院と診療所の大きな違い1-1.医療法での医療機関の定義病院と診療所というと違いがいまいちよくわからないと感じる人も多いと思います。実際にどのような場合に病院と呼ばれるのか?診療所と呼ばれるのでしょうか?医療法で法律で病院と診療所というはしっかりと区分がされています!医療法では医療機関を以下の4つに限定しています。・病院・診療所・介護老人保健施設・調剤を実施する薬局なんです。それをさらに医療行...

1.施設ナースの仕事内容やケアはどうやって行われるの?1-1.施設ナースの仕事内容は?看護師の仕事は病院での勤務というイメージが大きいのですが、施設で働くという方法もあります。主に施設で働く看護師の主な職場は介護施設での勤務となり、施設では看護師や医師だけではなく介護福祉士やホームヘルパー、ケアマネージャーなどの介護職員と一緒に勤務をしています。朝はバイタル測定をして日常生活でも異常がないか観察す...

1.看護部長・師長の転職の需要1-1.看護部長・師長の求人は少なめ看護部長や看護師長が転職を考えたとき、需要はあるのでしょうか?一般職の看護師と違い看護部長や看護師長は病院にとってなかなか代えの利かない存在なので、もし退職となれば看護部長が看護師長を一時期兼任したりと看護師長不在時期をなんとかこなす必要が出てきます。そういう兼ね合いもあるために、看護部長・師長の転職は求人広告としてはほとんど出てき...

1.看護学校の授業内容や社会人からの看護師になる1-1.看護学校とは看護師の資格を取得するためには看護学校に入学卒業が必須になります。看護師になるためには、国家試験をうけて国家資格を取らなくてはいけないのですが、その試験を受けるためには専門の学校を卒業しなくては受験すらできないことになっています。看護師になるために卒業しなくてはいけない学校とは4年制の看護大学か3年制の看護専門学校か看護短期大学と...