看護方式!チームナーシングなどの特徴・種類は?

 

看護方式!チームナーシングなどの特徴に関して詳しく説明している画像

 

1.看護方式の特徴やそのメリット・デメリット

 

1-1.看護方式とは

 

 

看護師の仕事での入院患者に対して病棟看護師として24時間体制で看護を行う必要があります。看護師の仕事は多岐にわたっているので、看護師1人だけで入院患者さんの看護をしっかりとやることはできませんし、1人だけで対応してしまうと見落としなどのミスを行ってしまう可能性は否定できません。

 

そのため、患者さんに対してしっかりとした看護や人数不足による見落としなどのミスを防ぐという意味で、看護師が複数でチームで入院患者さんに対応する役割や対応を決めるというのが看護方式になります。

 

看護方式にはいくつか種類があります。

 

そのため、就職や転職の際はこの看護方式について確認をするのも重要なことのひとつなんです!

 

 

 

1-2.チームナーシングとは

 

 

概要

 

チームナーシングとは看護方式の一つであり、アメリカで開発された看護方式です。

 

一つの病棟を2つ以上のチームを編成し、そのチームを一定期間固定します。チームリーダーを選出しそのチームリーダーのもとでチーム単位で一定の患者を受け持ち、24時間体制で患者さんの看護ケアを提供します。

 

チームナーシングは看護助手、新人看護師、ベテラン看護師など能力が異なるので、『差のある人材をいかに一定水準の看護を提供するのか』、というコンセプトの元に誕生しました。

 

各病棟は2〜3チームの看護師に分かれ、リーダーが病棟の全体の全ての患者さんを1人で責任を持つわけではないので、リーダーの看護師は責任を持つ患者さんが少なくなるので患者さんの状況が把握しやすく、仕事もしやすくなります。

 

メリット

 

チームナーシングでは看護師に能力差があっても

 

・一定水準の看護を提供できます
・協同意欲が高まり
・個々の成長に期待

 

など、チームナーシングは多くのメリットがあります。

 

デメリット

 

チームナーシングのデメリットとして、

 

・患者さんから見て自分の担当者がわかりにくい
・チームリーダーに高い能力と責任が求められる
・リーダーの能力によっては混乱してしまう

 

というデメリットがあります。

 

そのため、チームナーシングをするときにはしっかりと司令塔の役割をする看護師の責任や役割が非常に重要になってくるポイントになってくるのでなかなかうまくいかないところでは混乱してしまう可能性があるんですね。

 

 

 

 

1-3.プライマリーナーシング方式とは

 

 

概要

 

プライマリーナーシング方式は1970年代にアメリカで始まった看護方式で、1人の患者に対して1人の看護師が入院から退院まで受け持ち、自主性を持って看護師の責任感を持ち看護を行う看護方式です。

 

プライマリーナーシング方式は1人の患者の入院から退院までの業務を1人の看護師によって24時間の看護を行う制度です。1人の看護師で24時間継続して看護をすることはもちろんできないので、その看護師がいないときには協力するアソシエートナースがおりサポートを行います。

 

そのため、プライマシーナースとアソシエートナースのコミュニケーションによる連携は必要になってきます。

 

メリット

 

プライマリーナーシング方式では一対一で看護を行う分、

 

・細かな変化に気づきやすい
・患者・家族と信頼関係を築きやすい
・きめ細かい看護が可能になる
・看護師の自立や自主性を育みやすい

 

など、プライマリーナーシング方式は多くのメリットがあります。

 

デメリット

 

プライマリーナーシング方式のデメリットとして、

 

・看護師ひとりひとりの能力が高くなけばいけない
・能力によって看護に差が出てしまう
・看護師同士のコミュニケーションが取りにくい

 

というデメリットがあります。

 

 

 

 

1-4.モジュール型看護方式とは

 

 

概要

 

モジュール型看護方式は日本で生まれた看護方式です。

 

モジュール型看護方式とは看護師の人数が欧米に比べて圧倒的に少なく、直接輸入した看護方式が日本の実態には合わないということからチームナーシングとプライマリーナーシング方式の間を取った日本で生まれた看護方式で、日本の病院で一般的な看護方式として多くの病院で導入されている看護方式になります。

 

モジュール型看護方式は1つの病棟の中の看護師のメンバーを規模によっても変わりますが、2つ〜4つ程度のモジュール・チームに分けて、そのチームで患者さんの看護行うことでチームナーシングとプライマリーナーシング方式の欠点を日本式に克服した看護方式です。

 

メリット

 

モジュール型看護方式ではチームで看護を行うため、、

 

・看護計画を立てやすい
・看護師のコミュニケーションが取りやすい
・患者が受ける看護の差が少ない
・看護師のやりがいを感じやすい

 

など、モジュール型看護方式は多くのメリットがあります。

 

デメリット

 

モジュール型看護方式のデメリットとして、

 

・看護師間の密なコミュニケーションが必要
・看護師が自立心を持つ必要性

 

というデメリットがあります。

 

しかし、日本の看護師が少ないことへの欠点を埋めているので、他の看護方式に比べてデメリットが非常に少ない看護方式になります。

 

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

看護師高収入求人に関する画像

 看護師が高収入求人を見つけるための3つのポイント

 

看護師が転職をするときには条件の良い求人を見つけるのがなかなか難しいです。そこで、高収入や好条件の求人を見つけるためのポイントをご紹介します。