看護部長・師長の転職は需要はあるの?

 

看護部長・師長の転職は需要に関して詳しく説明している画像

 

1.看護部長・師長の転職の需要

 

1-1.看護部長・師長の求人は少なめ

 

 

看護部長や看護師長が転職を考えたとき、需要はあるのでしょうか?

 

一般職の看護師と違い看護部長や看護師長は病院にとってなかなか代えの利かない存在なので、もし退職となれば看護部長が看護師長を一時期兼任したりと看護師長不在時期をなんとかこなす必要が出てきます。

 

そういう兼ね合いもあるために、看護部長・師長の転職は求人広告としてはほとんど出てきません。ですから、看護部長・師長の転職は需要はあっても目には見えてこないというのが現実です。

 

しかし、優秀な看護部長・師長が欲しい病院は多くあるのが現状です!

 

 

 

1-2.看護部長・師長を欲しい病院は多い

 

 

看護部長や総看護師長を欲しい病院は多いです。

 

看護部長・師長クラスの転職ですと、慎重に進める必要があるため、一般職の募集よりは時間をかけて採用まで至るというケースも多いです。看護部長・師長の採用は、病院もとても苦労しているところで本当は人材が欲しいというのが現状です。

 

やはり、若手の看護師というのは一般的には人数はいるので退職しても人員の補充をしやすいという面があるのですが、看護師長や部長というのは経験者自体が少ないのでなかなか見つけるのが困難になります。

 

そのため、経験豊富な看護部長・師長は非常に重宝されています!

 

 

 

1-3.病院探しは慎重に

 

 

看護部長や師長になることによって内部で不満もでます。

 

転職してきて看護師長や部長になってしまうのは看護師の状況などもわからないので、いきなり入って行ってうまく回すのはなかなか難しいです。それに、いきなり自分の上司になることで不満に感じてしまう看護師も出てきます。

 

そのような状況というのも看護部長や総看護師長の位の高い役職についてしまうとあり得るので、転職サイトなどをうまく利用してスタッフに病棟の状況や職場の環境をしっかりと転職前にチェックしてもらえる機関を利用するのが転職後に公開しないためには重要です。

 

看護系の転職サイトでは、

 

・事前に職場の環境を調査してくれる
・条件の良い病院の求人が揃っている
・ハローワークにはない非公開の求人も

 

など、転職前と転職後のギャップが出ないようにしっかりと注意してくれ、自分ではなかなか探せない条件の病院の求人を探してもらうことも可能性です。

 

 

<看護部長・師長におすすめの転職サイト>

 

転職で12万円の支度金がもらえる『看護のお仕事』はこちら
https://kango-oshigoto.jp/

 

 

 

1-4.看護部長・師長の給料・年収事情は?

 

 

看護部長や看護師長の給料は高収入が期待できます。

 

看護部長は病院に一人の看護のトップの地位なので給料は必然的に高くなり、看護師長も各病棟のトップでまとめる立場なので給料が高くなるのもうなずけます。

 

看護部長、看護師長、看護師の年収の平均を比較してみると、

 

看護部長、看護師長、看護師の年収の平均を比較に関して詳しく説明している画像

 

 

看護部長は病院によっては1000万円を超えることもあります!

 

看護部長や看護師長は直接患者さんに看護に集中することは少なくなり、看護師の管理という仕事に移るのでマネージメント力や統率力が問われる仕事になるため責任も大きくなるため高収入になっていきます。

 

 

 

2.看護部長・師長の役割

 

看護部長・師長の役割に関して詳しく説明している画像

 

2-1.看護部長の役割

 

 

看護部長とは看護師長をまとめる、その病院の看護師のトップです。

 

看護師長というのは各病棟にいるのですが、看護部長はその病院に対して1人しかいません。

 

看護部長は看護師や看護師長とは違いもう患者さんの看護をするという機会はなく、

 

・看護部の組織を形成をする
・看護師の職場環境を整えたり
・経営陣に交じって院長などのサポート

 

など看護師として看護実務を行うのではなく経営の一員として病院・看護師をマネージメントする役割を持っています。

 

看護部長は看護部門のトップとして環境整備や経営の一端を担う役割を持っています!

 

看護の役職に関して詳しく説明している画像

 

 

 

2-2.総看護師長の役割

 

 

総看護師長は看護部門のトップとして看護師をまとめます。

 

総看護師長は病院によっては看護部長と呼ばれることもありますがその役割は、

 

・看護の方針や看護計画を立てていきます
・看護師を採用したり職場環境を整えます
・新しく入ってきた看護師の指導などを計画します

 

各部門の看護師長をまとめ、看護部門のトップとして病院のトップと看護に関しての協議を行ったりと看護師の管理を主に行うのが大きな役割です。

 

総看護師長は看護師のトップとして管理を主な役割としています!

 

 

 

2-3.看護師長の役割

 

 

看護師長とは各病棟の看護部をまとめる存在です。

 

その病棟で看護業務がスムーズに行えるように、看護師たちの指導や役割分担など看護師の仕事を滞りなく行えるように管理者としてリーダーとして先導していく役割を持っています。

 

そこでは、新人看護師に限らず、病棟全体の看護師の成長を促す役割も重要になっており、看護師内でのチームワークなど協調性を持って接していくとてもデリケートな役割があります。

 

看護師長は各病棟で円滑な看護が行えるように調整をしていく大きな役割があります!

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

看護師高収入求人に関する画像

 看護師が高収入求人を見つけるための3つのポイント

 

看護師が転職をするときには条件の良い求人を見つけるのがなかなか難しいです。そこで、高収入や好条件の求人を見つけるためのポイントをご紹介します。