失敗しない看護師の大学病院求人の探し方

 

失敗しない看護師の大学病院求人の探し方に関して詳しく説明している画像

 

1.大学病院に転職する時に注意したい3つのポイント

 

1-1.最新の情報や珍しい症例にあたれる

 

 

大学病院最大の特徴は最新の情報や珍しい症例にあたれることです。

 

一般の民間の病院やクリニックでも最新の医療技術や症例を確認することはできますが、実際に珍しい症例の患者さんに対して治療を行うことができるのは大学病院だけということになります。

 

自分の目指す看護師像や追求していきたい科などがあるのであれば、最新の技術や珍しい症例を扱うことができる大学病院はあなたのスキルをアップさせることができます。

 

目指す方向が決まっていれば専門性をさらに高めることができます!

 

 

1-2.勉強嫌いにはきつい環境

 

 

自分のスキルアップのために勉強ができない人にはきつい環境です。

 

大学病院は最先端の医療の治療ができる、最新の医療を勉強する教育機関でもありセミナーや勉強会は民間の病院では考えられないほど多いです。そのため、休日なども勉強に時間を割くことができないと考えている場合には大学病院はきついかもしれません。

 

また、既婚者や子供がいる方や定時で帰りたいと考えている方は、大学病院では日常的に残業があり時間外の研修なども多いのでプライベートをかなり侵されてしまうので注意が必要になります。

 

最先端の医療の勉強をしてスキルを上げたい方にはぴったりの教育環境です!

 

 

1-3.医療行為が少なくなる可能性も

 

 

大学病院では看護師の医療行為は少なくなる可能性があります。

 

大学病院の教育は医師、研修医が中心となって医療行為が行われるので、看護師が点滴や注射を打つことがほとんどなくなる可能性があるため次の転職先で苦労する可能性があることは覚悟をしなければいけません。

 

民間の病院では採血やサーフローができないような看護師はなかなか使い物にならないことが多く、大学病院では採血やサーフローの技術を磨くのが難しいのが大学病院で転職する前に注意したいところです。

 

民間で看護師が行うような行為も医師が行うのが大学病院の特徴です!

 

 

2.大学病院の給料は平均より高め

 

大学病院の給料は平均より高めです。

 

大学病院は残業や勉強会、時間外の研修なども多いのですが、しっかりと残業代や休日の手当ては満額でるとことがほとんどなので給料は平均より高くなっています。

 

大学病院の看護師と一般の常勤看護師の年収を比較してみると、

 

大学病院の看護師と一般の常勤看護師の年収を比較に関して詳しく説明している画像

 

こう見るとそこまで差がないように感じますが、サービス残業で残業が出ない病院が意外と多いことを考えると大学病院はしっかりと出すので非常に給料に関して不満が出ないようになっています。

 

大学病院の年収は一般の病院に比べて高めになっています!

 

 

3.看護師が大学病院で働くメリット・仕事内容

 

大学病院のメリット、仕事内容に関して詳しく説明している画像

 

3-1.大学病院は優れた研究・教育機関

 

 

大学病院は看護師にとって優れた教育システムが期待できます。

 

看護師が大学病院で働くメリットは、大学病院には、充実した臨床研究と教育システムの場がしっかり構築されているところです。看護師や新人ナースに対するサポート体制も充実していて、病院内外の研修への参加も積極的に支援しています。

 

また、看護師をはじめ、医師や研修医など、コメディカル数が多く、様々な医療従事者が働いているので、医療について吸収できるものに幅があるメリットがあります。特定疾患や難病などの臨床経験を積むことが出来るメリットもあり、これらは、大学病院ならではの特徴になります。

 

大学病院で働くことで先端の医療やサポートを受けることができます!

 

 

3-2.資格取得のきっかけにも

 

 

周りの看護師の触発されて資格取得のきっかけにもなります。

 

大学病院での仕事はスキルアップにも向いていて、大学病院勤務の看護師の多くは、専門看護師や認定看護師などの高い目標を持っています。看護師として自己研鑽している人が周りに多くいるので励みになります。

 

看護師として様々な知識を習得できる充実した環境にあります。大学病院では、新人看護師からベテラン看護師、管理職の看護師まで、教育システムが非常に充実しているので、スキルアップするには最適な職場で、最新の医療設備の下で高度な医療を経験することができます。

 

専門、認定看護師などさらなるスキルアップも可能なんです!

 

 

3-3.看護師の大学病院での仕事内容や勤務時間は?

 

 

看護師の大学病院での仕事の流れを、3交替制の日勤、準夜勤、深夜勤のそれぞれについてご紹介します。

 

 

日勤での看護師の仕事

 

病院によっても多少異なりますが、日勤は朝8時半から17時までの勤務です。仕事内容は、患者さんを巡回し検温や血圧を測ります。それから、患者さんの状態に合わせて清拭や洗髪などを行います。また、お昼の時間は、患者さんの昼食のセッティングや補助、食後の薬の用意などを行います。患者さんの状態やケア内容などをカルテにまとめ、夜勤の看護師へ申し送りを行い、業務は終了します。

 

 

準夜勤での看護師の仕事

 

16時半から1時までの勤務です。業務内容は、夜の点滴の確認や検温、夕食のセッティングや薬の用意などです。消灯後は患者さんの入眠状況や点滴のチェックを行います。そして、深夜勤の看護師に申し送りを行い、業務が終了します。

 

 

深夜勤での看護師の仕事

 

0時半から9時までの勤務です。業務内容は、患者さんの巡視、朝の分の点滴や薬の準備、日中の検査や手術予定のある患者さんの準備なども行います。そして、日勤の看護師へ申し送りをして業務終了です。

 

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

看護師高収入求人に関する画像

 看護師が高収入求人を見つけるための3つのポイント

 

看護師が高収入の求人を見つける方法は実は1つしかありません。看護師が条件の良い高収入の求人を見つけるための方法をご紹介します。