夜勤専従の看護師求人!給料や仕事内容など

 

夜勤専従、夜勤なしの看護師求人に関して詳しく説明している画像

 

1.夜勤専従の看護師求人や給料の状況

 

1-1.夜勤専従の看護師の求人は多いの?

 

 

夜勤専従看護師の需要は非常に高いです。

 

今現在ほとんどの病院で看護師不足の状態が続いているので、夜勤だけでもしてくれる夜勤専従の看護師の存在は非常に貴重で病院側も採用に積極的になっています。

 

看護師不足というのはそのくらい深刻になっているので、現状いる看護師でやりくりをしなければいけないというのはなかなか難しく夜勤専従看護師がいるだけでシフトを調整できるなどの病院側のメリットも大きいです。

 

そのため、夜勤専従の看護師の求人は好条件の物が増えています!

 

 

1-2.老人ホームでの夜勤専従の看護師の求人は?

 

 

老人ホームでの夜勤専従看護師の存在も貴重です。

 

看護師と言っても勤務先や勤務形態は様々ですよね。病院の勤務でしたら日勤も夜勤も求人も結構あるのですが、老人施設で夜勤専門となるとなかなか探すのも大変かと思います。

 

夜勤は国で一ヶ月あたり8回までと決められていますので、夜勤専門となると常勤ではなく非常勤としての求人がほとんどかと思います。

 

『老人施設での夜勤は一般病棟の夜勤とは違い、医療行為があまりなく緊急時となることも少ないですが、高齢者の方の生活を援助することが中心』となります。

 

一晩中誰かしらの緊急処置をすることがないため、スキルうんぬんよりもお年寄りとじっくりと関われるような人が向いているかもしれませんね。一般病棟の夜勤に比べると体力的にもそれほどきつくはないようです。

 

求人自体は一般病棟の夜勤と比べたら少ないですが、インターネットでの求人情報を見ているとちょこちょこと出てきますので、探すならインターネットがおすすめです。日勤に比べると夜勤専門の勤務は収入も多いので夜勤バイトとして、日勤との掛け持ちをする方も多いようです。求人件数が少ない分ライバルも多いかもしれませんね。

 

 

1-3.夜勤専従看護師の給料の実態

 

 

夜勤専従看護師の給与水準は良い傾向が高いです。

 

看護師の給料の多くは夜勤で賄われており、夜勤手当の平均は2万円前後になります。夜勤専従看護師の場合には基本給+夜勤手当が入るので、年収で言うと500万円前後をもらっている方が非常に多いんです。

 

夜勤専従看護師と常勤の看護師の年収を比較してみると、

 

夜勤専従看護師と常勤の看護師の年収を比較に関して詳しく説明している画像

 

夜勤専従看護師は常勤の看護師と同水準の給与になることが多いです!

 

常勤の看護師は月間の夜勤が8回程度になっているおり、夜勤専従看護師は非常勤で月に10回以上の夜勤をこなしているケースがほとんどなので年収は非常に高額になっています。

 

夜勤には夜勤手当という割増給が付きますので、夜の時間を有効に使える
看護師にとっては夜勤専従看護師というのはいい制度だと言う声もあります!

 

 

2.夜勤専従看護師の仕事内容やメリット・デメリットなど

 

夜勤専従看護師の仕事内容やデメリットなどに関して詳しく説明している画像

 

2-1.夜勤専従看護師とは

 

 

夜勤専従とは夜勤のみで働く看護師のことを言います。

 

夜勤専従は非常勤として雇用されることが多いですが、独身の看護師の間では案外人気なようですね。もちろん夜勤専従看護師には一般的な看護師と同じ資格がいりますし、同等のスキルがいります。

 

看護師業界は常に夜勤職員が不足している状態です。結婚、出産後に復帰は出来ても夜勤は出来ないと言うこともい多い為、こうした夜勤専従という形で非常勤スタッフを雇う必要があるのです。

 

夜勤専従看護師は看護師不足の病院では非常に重宝される存在です!

 

 

2-2.夜勤専従看護師の仕事内容は?

 

 

夜勤専従看護師の仕事内容は科によって大きく変わります。

 

勤務時間帯は、その病院や診療科目によって異なってきますが、
大まかに3交代制、2交代制に分けることができます。

 

<3交代制>
・準夜勤が16:00から0:30
・深夜勤が0:00から8:30

 

<2交代制>
・夜勤が18:30から9:30

 

急性期病棟や慢性期病棟といった勤務する科でも仕事の内容は大きく異なります。

 

急性期となる救急施設などでは、応急処置から手術補助まで多種多様な業務がその日その場所によって求められてきます。慢性期病棟となれば大きな変化は少ないものの、小さな変化を見落とさない注意力が必要となってきます。

 

科によって仕事は内容は変わりますがその場で対応できる力が必要とされます!

 

 

2-3.夜勤専従看護師のメリット

 

 

夜勤専従看護師の仕事には常勤にはないメリットがあります。

 

健康面ですが、日勤と夜勤を月にごちゃまぜで勤務すると中には体を壊しやすい看護師の人も実際には多いです。夜勤だけの仕事なら生活のリズムもつかみやすいので体調を崩す心配がそれほどないのがメリットと言えます。

 

人の命を預かる現場ですから、看護師の体調管理は非常に重要になります!

 

次に報酬面ですが、夜勤専門の看護師、夜勤専従となると一回あたり夜勤の手当が20000円〜30000円というような価格帯で行われるため、夜勤専門の看護師というとかなり月収面でのメリットがあります。

 

これを10年〜20年と続けるかは個人の裁量ではありますが、夜勤専門の看護師としてのメリットとして一番大きいのはやはり報酬の違いということが個人的には大きいかと思います。

 

給料の面で勤務日数に比べて高収入が得られるメリットがあります!

 

 

2-4.夜勤専従看護師のデメリット

 

 

夜勤専従の看護師はメリットばかりではなくデメリットももちろんあります。

 

夜勤専従看護師が感じてしまうデメリットとして、

 

・他の人と生活リズムがずれる
・一般の看護師業務より難しい
・いつまでも続けられる仕事ではない

 

ということがあります。

 

友達との生活リズムが崩れてしまうのは仕方ないことだと思いますが、業務が難しい、というのはイメージが掴みづらいでしょう。この難しさとは「状況把握」の難しさです。日中に入院してきた人の様態や状況、名前と顔をしっかり把握しなければなりませんから、意外とハードワークなんです。

 

夜勤専従看護師の仕事もメリットばかりではないんですね!

 

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

看護師高収入求人に関する画像

 看護師が高収入求人を見つけるための3つのポイント

 

看護師が高収入の求人を見つける方法は実は1つしかありません。看護師が条件の良い高収入の求人を見つけるための方法をご紹介します。