看護師の勤務体制と問題点

 

看護師の勤務体制と問題点に関して詳しく説明している画像

 

1.看護師の勤務体制

 

病院での看護師の仕事の効率などを考えて
看護師の勤務体制の見直しを考えている病院も数多く出てきました。

 

看護師の勤務体制とその問題点はどのようなところにあるのでしょうか?

 

 

1-1.3交代制

 

 

看護師は夜勤があるため看護師の勤務体制は3交代制と2交代制があり、3交代制の場合には日勤、準夜勤、深夜勤があり1日を8時間ごとに割って働いていると考えになります。

 

・日勤は8:30〜17:00
・準夜勤は16:30〜1:00
・深夜勤は0:30〜9:00

 

で勤務となり、原則8時間労働で、8時間半になっていますが休憩時間と次の勤務者へ申し送りをする時間が入っています。

 

今までは、3交代制の勤務体制が当たり前のシステムのような雰囲気が看護師の業界には出ていました。看護師はそのような状態が当たり前のことと考えながら自分のプライベートとうまく向き合って仕事をこなして来ていました。

 

 

1-2.2交代制

 

 

2交代制は日勤と夜勤になり、

 

・日勤は8:30〜17:00
・夜勤は16:30〜9:00

 

となります。

 

2交代制では勤務時間が長時間になるといったデメリットもあるのですが、夜勤明けから次の勤務まで時間があるので看護師にとっては休みを取りやすく、プライベートも充実させやすいというメリットがあります。また、深夜勤のように遅くからの出勤はないので通勤しやすいというメリットもあります。

 

 

 

2.看護体制の問題点

 

看護体制の問題点に関して詳しく説明している画像

 

2-1.3交代制は看護師の犠牲のもと成り立っている

 

 

実は3交代制は看護師の犠牲のもとに成り立っていたという側面もあります。

 

看護師業界の問題として、3交代制が当たり前と考えられている風潮があり、多くの病院で3交代制がとられており、それを看護師が生活をうまく調整して今まで勤務してきたそんな現実があります。

 

3交代制は拘束時間が短いのですが、小刻みで疲れてしまうとい看護師も多くいます!

 

準夜勤の仕事をやった後は休みになるのですが、終わる時間が1:00になるので結局帰っても寝るのは3時、4時になってしまうのでそのまま昼過ぎまで寝てその次の日は日勤で働かなければいけません。遊びに行くにしてもしっかりと寝てしまうと時間がないので遊ぶときには睡眠を削る必要がでてきますし、連休を組むのも難しいケースが多いんです。

 

しかし、病院によってこの看護体制は変わるのでこのようなケースばかりではありませんが。

 

 

 

2-2.3交代制の大きな問題点

 

 

3交代制には大きな問題点があると言われています。

 

3交代制による、疲労睡眠不足による大きな問題があり、

 

・運転ミスが酒気帯び運転を超えている
・ミスの頻度が上がってしまう
・同僚のミスを見逃しやすくなってしまう

 

など、科学的に実証もされており、『看護師にかかわる問題』や『患者さんの生死にかかわる問題』など3交代制を採用しているために看護業務に支障がでてしまうという病院としては看過できない大きな問題があるんですね。

 

また、車を持っていない看護師が電車やバスで通勤している場合には準夜勤では仕事が深夜の1時に終わるので、帰りにタクシーを利用して帰るケースが多いために経済的にも看護師に負担をかけているんですね。

 

 

 

2-3.3交代制から2交代制への変更

 

 

看護師の負担や疲弊を考えて3交代から2交代にする病院もあります。

 

2交代制勤務の夜勤は16時間と長いのですが、夜勤を頑張れば3交代制の2夜勤をこなしたことになり、9時過ぎに仕事が終わればその日は明けとなり翌日休みの場合なら明けと休みで2日休めるような感覚になるので時間を取ることができます。

 

そのため、3交代による看護師の拘束時間の長さなどの問題から看護師がオーバーワークによる過労死の認定から『3交代制に代わる有効な勤務体制への変更として2交代制勤務の重要性が注目』を浴びてきています。

 

近年では2交代制を取り入れている病院が増えていています!

 

さらに、近年では看護業務が複雑で過密な状態が進み、看護師のオーバーワークの傾向が如実に表れてきており、看護師の過労死が裁判所によって認められてしまうなど、『3交代制に対しての病院側の2交代制の勤務体制の変更への契機』になってきています。

 

 

 

2-4.3交代制から2交代制の病院への転職

 

 

両者を経験している人は2交代の病院を選ぶ傾向が多いです。

 

病院の3交代制から2交代制への変更が多くの病院で進んでいるとはいえ、看護師の人数の問題やお金の問題でどうしても3交代制から2交代制に移行ができない病院があるのも実際の大きな問題ではあります。

 

そのため、3交代制の病院から2交代制の病院へ転職するのがおすすめです!

 

3交代制の病院から2交代制の病院に転職する場合、

 

・体がついていけるか心配
・3交代しか経験していないので不安
・3交代より本当に良いのだろうか?

 

実際には就業時間は2交代の方が長いのですがそれが終わればしっかりと休みを取ることが可能なのが2交代なので、働いて慣れてしまえば2交代制の方が楽と感じている看護師の方が多いので2交代を希望する看護師が実際には多いんです。

 

そのため、転職や就職を決める時にはこのように病院が何交代なのかをしっかりと把握したうえで自分の希望を大事にして病院やクリニックを決めるのが重要になってきます。プライベートは間違いなく3交代制よりは組むのが楽になるのでプライベートを重視したい看護師にはお勧めですね。

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

看護師高収入求人に関する画像

 看護師が高収入求人を見つけるための3つのポイント

 

看護師が転職をするときには条件の良い求人を見つけるのがなかなか難しいです。そこで、高収入や好条件の求人を見つけるためのポイントをご紹介します。